最初のお菓子スノーボールのご紹介と雇用調整助成金について

2020/05/17
Posted by ainsoph

今では沢山のお菓子が並ぶアインソフのお菓子ですが、昔は、定期的にお菓子を販売することが出来ませんでした。

そもそもアインソフはヴィーガンレストランですから、レストランでお食事を出すのがお仕事😊

それでもスタッフが少ない頃には、レストランのメニュー全部を揃えて営業する事も大変な事でした。

10年前にはヴィーガンのシェフを志す人は、ほとんどおらず私も料理人出身ではありませんし、仲間も菜食に共感するぼぼ素人集団でした。

ですから、通常のレストランの運営の常識を私たちは知らず、何も知らない分、新しい世界を構築している感がありました。

お客様は毎日数人なんて日もありましたから、時間はたっぷりあって、私たちはしょっちゅうお互いの夢を共有するミーティングをしたり、コンセプトを創る為に話し合ったりしていました。

今日もアインソフリプルでテスト営業していますが、感染防止に努めてどのように作業したら良いのかなど、お客様が戻って来た時にとのように対応するのか、今、検証しながら営業しています。ある意味、今は創業時に似ています。財政的な厳しさに置いても!笑

そんな中である料理学校を出たばかりの女の子が、このスノーボールを作ってくれました。私の名前は白井なので白い、まん丸体系の私にはボールに相応しいなと自分では思っていて、このお菓子を作ってくれたことに内心ものすごく嬉しかったことを覚えています。

私は今、毎日、雇用調整助成金について取り組んでいまして、リプルのお隣がその窓口の建物なので、リプルで打ち合わせや書類作りをしています。

しかし、この助成金に対する成功率は提出の0.1%となっているらしく、窓口の方もいつも通りの人員で、もちろんテレワークにもなっていて人員不足でしょうし、対応がしきれない、郵送で申請しても書類が積み上がっていくんではないか?と思います。私共の準備しているこの分厚い書類を誰が見てくれるのか?もちろん、窓口の方は精一杯やってくれてると思いますが、無理がある。日本中の会社が申請に努力していると思いますが、この有事に会社の立て直し対策について時間を避けず、全く慣れない書類作りに時間を割いている。もちろん、取り組む状況にない会社さんもたくさんあると思います。

今日もお店にいましたら、常連さんや知人の方がお電話をくれてテイクアウトに来てくれていました。涙。大変な時だけど頑張って!この店が好きだからと言ってもらえると、ハグしたくなりますが、そこはソーシャルディスタンス!ぐっと我慢してます。

今日はお菓子のご紹介にしては、夢の無い内容になってしまいました。また、美しい場面を切り取って写真とお菓子のご紹介をして行きたいと思います。

BASEにてアインソフのお菓子がお買い求め頂けます。ぜひ、店舗をご覧くださいませ🙇‍♀️丁寧な仕事の手作りのお菓子です。私たちの叡智が詰まったお菓子です。

・スノーボール . Snowball Cookies

生地には国産小麦粉を使い、有機ココナッツと甜菜糖の香りと甘みをしっかり感じて頂ける素朴な味わい。口の中でホロホロ崩れる優しいクッキー。

https://ainsophjp.official.ec/items/27681062

・ピンクのスノーボール(期間限定). Pink Snowball Cookies (Seasonal)

スノーボールのホロホロクッキー生地にレモン果汁と皮で香りをつけ、外側は甘酸っぱい苺パウダーを纏わせています。

https://ainsophjp.official.ec/items/27681556

*冷凍商品を合わせて購入の場合は同梱となります。

アインソフオーナー
株式会社真 代表取締役
白井由紀
Vegan Patisserie AIN SOPH.
news-ginza